osorezan

近未来に 奏でる
近未来に 奏でる
青森県下北半島にある恐山です写真右側が霊場恐山の境内となっています。 調べてみると恐山と言う名前の山は無く、宇曽利湖(カルデラ湖)とその周辺の外輪山を総称して恐山と呼ばれていて活火山に指定されているそうです。
青森県下北半島にある恐山です写真右側が霊場恐山の境内となっています。 調べてみると恐山と言う名前の山は無く、宇曽利湖(カルデラ湖)とその周辺の外輪山を総称して恐山と呼ばれていて活火山に指定されているそうです。
むつ市:恐山(大祭7月20日~24日)  現世と来世をつなぐ場所 比叡山、高野山とともに日本三大霊場に数えられる恐山は、貞観4年(862)に慈覚大師によって開山され、天台宗の修験道場として栄えた。風車がカラカラとまわり荒々しい岩場の合間から硫黄の臭いが立ちこめる様子は、地獄や浄土に見立てられている。田名部海辺三十三観音の最終札所として、シーズンを通して参拝者が訪れる。 夏の恐山大祭は多くの参詣者でにぎわう。
むつ市:恐山(大祭7月20日~24日) 現世と来世をつなぐ場所 比叡山、高野山とともに日本三大霊場に数えられる恐山は、貞観4年(862)に慈覚大師によって開山され、天台宗の修験道場として栄えた。風車がカラカラとまわり荒々しい岩場の合間から硫黄の臭いが立ちこめる様子は、地獄や浄土に見立てられている。田名部海辺三十三観音の最終札所として、シーズンを通して参拝者が訪れる。 夏の恐山大祭は多くの参詣者でにぎわう。
僧 侶・信者などが同行するかご行列「上山式」をはじめ、大般若祈祷や大施餓鬼法要を開催。大祭の日に地蔵に祈ると、亡者の苦難を救うと伝えられる。
僧 侶・信者などが同行するかご行列「上山式」をはじめ、大般若祈祷や大施餓鬼法要を開催。大祭の日に地蔵に祈ると、亡者の苦難を救うと伝えられる。
「人はみなそれぞれ悲しき過去持ちて 賽の河原に小石積みたり」という碑がありましたが、ここに積まれた無数の小石一個一個にいろいろな形をした悲しみが込められているかと思うと胸がつまります。私は、いつか訪れるかもしれない大きな悲しみ、どう向き合うのだろう。
「人はみなそれぞれ悲しき過去持ちて 賽の河原に小石積みたり」という碑がありましたが、ここに積まれた無数の小石一個一個にいろいろな形をした悲しみが込められているかと思うと胸がつまります。私は、いつか訪れるかもしれない大きな悲しみ、どう向き合うのだろう。
イタコは、”口寄せ”により、先祖の霊や死んでしまった友人、知人、肉親など死者の世界 (あの世)と現世(この世)に生きる人の仲立ちとなって今は亡き人の意志を伝達する「仏降ろし」がその全てと思われているようだが、これは恐山の祭典へ参加して、死者の霊を呼んでいる姿が印象的なためではないだろうか。実は”口寄せ”には他にも、「神降ろし」と言われる神の言葉や意志を語るもの、いわゆる占い・予言的なものがある。
イタコは、”口寄せ”により、先祖の霊や死んでしまった友人、知人、肉親など死者の世界 (あの世)と現世(この世)に生きる人の仲立ちとなって今は亡き人の意志を伝達する「仏降ろし」がその全てと思われているようだが、これは恐山の祭典へ参加して、死者の霊を呼んでいる姿が印象的なためではないだろうか。実は”口寄せ”には他にも、「神降ろし」と言われる神の言葉や意志を語るもの、いわゆる占い・予言的なものがある。
手前の石に人の顔が、、、、
手前の石に人の顔が、、、、